MENU

非熱式脱毛とは?

非熱式脱毛は、文字通り熱を使わない脱毛のことです。
レーザーやニードルやフラッシュなどの脱毛方法と対抗するものです。

 

BCSS脱毛、IOD脱毛とも呼ばれています。
仕組みとしては、DAエッセンスまたはジェルを脱毛する箇所のお肌に塗って、
専用の脱毛機から出てくるオゾンによりマイナスイオンで毛穴を開いて、
その後にプラスイオンで不活性化されたジェルを毛乳頭に浸透させていくようになっています。

 

これを繰り返していくことがこの施術の特徴です。
オゾンで毛穴を開いてマイナスイオンを入れ、
プラスイオンに切り替えて毛穴を閉じることによって、
DAエッセンスが浸透して毛乳頭が萎縮退化するのです。

 

このように毛乳頭の働きが抑えられることによって、
毛が生えなくなったり薄くなったりしていくのが非熱式脱毛です。

 

毛根にダメージを与えるわけではないので永久脱毛ではありません。
しかしサロンでのお値段が安いことや日焼けしても行える施術であること、
痛みが全くないこと、うぶ毛にも効果を発することなどから、
安全な方法と言うことが出来るでしょう。

 

しかしこの方法を行っているサロンは少ないという情報が入っています。
もし気に入ってやってみたいという方はまず市販のDAエッセンスに近い大豆イソフラボンを含む豆乳ローションをお肌に塗ってみることで試してみると良いそうです。

 

この技術も昨今の全身脱毛のメリットデメリットから発案された最新の技術ということが言えるでしょう。