MENU

ニードル脱毛のメリットとデメリット

レーザー脱毛が出てくる前まではこのニードル脱毛という針を使う技術が脱毛業界での主流でした。

 

当時は医療機関でもエステサロンでもこの方法を行う場合が多かったのですが、
ニードル脱毛は痛みが激しいこと毛を一本一本処理していくので時間がかかることで最近では敬遠されるようになりました。

 

この方法のデメリットである痛みの部分を緩和するのに医療機関では麻酔を使うようになりました。

 

エステサロンではこのような医療行為は出来ませんので、
どんどん医療機関の技術となって移っていき現在があります。

 

昨今の医療機関ではこのニードル脱毛かレーザー脱毛を行うようになっています。
しかしながらニードル脱毛では痛み、時間などの関係から全身脱毛には向いていないと判断される場合が多いようです。

 

メリットとしてはこのニードル脱毛は脱毛技術の中では一番に永久脱毛性が高いと言うことです。
細い針を一つ一つ毛穴に刺して微弱な電流を流し、
発毛組織を電気の熱によって凝固させるのがこの方法の特徴です。

 

これは肌の色や毛色などに関係なくできること、また日焼けしていても行えること、
間引きや細かい範囲の脱毛も可能なこと、そして永久性が高いことなどから、
今でも高い評価を得ています。

 

しかしデメリットとして痛みが激しいために麻酔を要すること、
それに伴い費用や時間がかかること、
技術者の腕によって施術後の出来が明らかに違ってきてしまうことなどがあげられます。

 

この技術を選択する人は以上のことをよく考慮してから医療機関にあたると良いと思います。