MENU

全身脱毛はホルモンに影響を与える?

全身脱毛とホルモンのバランスはどのようになっているのか皆さん興味があるところだと思います。

 

人間ならば個人差はもちろんありますが、男性ホルモンと女性ホルモンをもちえています。
毛とホルモンはとても深い関係にあり、女性ホルモンが多い人は毛が薄かったり、
お肌がツルツルだったりしますが、男性ホルモンが多い人は毛深かったり、毛が太かったりします。

 

これは皆さんにとって一番わかりやすい例だと思います。
そもそも毛はホルモンの作用で作られるのです。

 

ですから成長途中の人や、生理の不安定な人、妊娠をしている人、
閉経をした人などはその後に毛の量や質が変わってくることが多々あります。

 

全身脱毛はその様な敏感なホルモン作用で出来た毛を無くしてしまうことなのですから、
ホルモンと全身脱毛が全く関係ないとは言えないのです。

 

脱毛をして施術を行う箇所によっては毛が増えたとか硬毛化したとかという現象が起きる場合があると、前項目で記述しましたが、それはこのホルモンバランスに変化があったからだとも言えると思います。

 

医療機関やサロンによっては、生理中は施術を行わないとか、
妊娠中は危険なので施術は行わないとか断っているところもあるということです。

 

 

それだけ、ホルモンのバランスを崩しやすい期間に全身脱毛をやるのは体調やお肌の異常などリスクを伴うことが考えられると言うことですので、このようなことは肝に銘じて納得のいくプランを立てて脱毛施術を行うように慎重に検討することをオススメします。