MENU

全身脱毛後のかゆみを抑える方法

全身脱毛の時、あるいは施術の後にかゆみが出る人は結構いるということです。
施術中にかゆみが出てしまうのは危険ですが、
エステサロンや医療機関では保湿性の高い塗り薬やクリームを用意しているところが多いですが、
それでもかゆみが出る人もいます。

 

施術後はかゆみが治まらなかったり、頻繁に起きるようでしたら、
皮膚科にかかって薬を出してもらうことをオススメします。

 

全身脱毛の後はお肌が乾燥しやすくなるということなので、
軽いかゆみであれば流水や濡れたタオルで冷やすのが有効です。

 

かゆみが出る原因としては、お肌の乾燥が一番にあげられますが、汗などによるかゆみ、
布団などに付いている雑菌によるかゆみ、虫などに刺された場合などいろいろと考えられます。

 

施術後はお肌も敏感になっているので、清潔にすることや、保湿を保つことが大事です。
しかしそれでもかゆいからといってがむしゃらに掻いてしまうと傷になったり、
跡が残ってしまったりして、次回の施術が受けられなくなることもあります。

 

お肌の状態が悪いときには医療機関でもエステサロンでも施術は行わないことがありますので良く注意することです。

 

特にかゆみが起こりやすい部分としては、背中、腕、足などの部分のようです。
少々のかゆみでも一度出てくると止まりませんので、かゆみ対策は慎重に行わなければなりません。

 

 

全身脱毛をする場合には特に期間が長いですので、お肌のケアは念入りに行うことを心がけるようにしましょう。